kendiverd の紹介

本名:平塚 健 水中動画撮影を最上の趣味とし、目的に合わせた変態機材を作る事を楽しんでいる。 その他の趣味として陸上風景写真、野鳥撮影、キャンプを楽しむ都会生まれの都会育ちなのに一向に都会に馴染めぬオヤジ。 ケン・ダイバードのバードは野鳥の意味もあるのに最近野鳥撮影は控えめ。

11月 定例会報告

日時 2016年11月13日                                           場所 江東区文化センター 第1第2研修室                               出席者 11名

協議内容                                                          1・ホームページのイメージ写真の変更 会員のコンペ形式にする。                 2・来年の記事担当の割り振り                                          3・来期「水中映像祭」の打ち合わせ
上映作品募集開始
映像祭のイメージ写真の選考
上映スタイルの意見交換
懇親会について

近況報告
 ☆大石さん : 幼魚を襲う魚達
%e2%91%a0%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e5%a4%a7%e7%9f%b31
%e2%91%a1%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e5%a4%a7%e7%9f%b3%ef%bc%92%e3%80%80  
動画
モルディブ ビーチでのレインボウランナー(幼)の群れにアタックする捕食者達。

 ☆梅野さん : Center of Coral Triangle
%e2%91%a2%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%a2%85%e9%87%8e%e3%80%80%ef%bc%91%e3%80%80
%e2%91%a3%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%a2%85%e9%87%8e%e3%80%802%e3%80%80  動画
レンベ ラジャアンパットを題材とした作品予告。

 ☆林さん : 元崎無異川
%e2%91%a4%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%9e%971%e3%80%80
%e2%91%a5%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%9e%972%e3%80%80  動画
北海道の元崎無異川に溯上してきたサケの一生。

 ☆村越さん
%e2%91%a6%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%9d%91%e8%b6%8a%e3%80%801%e3%80%80
%e2%91%a7%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%9d%91%e8%b6%8a2%e3%80%80  写真
特殊なフィルターを使った撮影法の紹介。 (詳細は本人にお尋ね下さい)

 ☆横山さん
%e2%91%a8%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%a8%aa%e5%b1%b11%e3%80%80
%e2%91%a9%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%a8%aa%e5%b1%b1%e3%80%802%e3%80%80  %e2%91%aa%e8%bf%91%e6%b3%81%e3%80%80%e6%a8%aa%e5%b1%b13%e3%80%80
本栖湖、西伊豆井田、日光での写真。

お題目 : ソフトコーラル
☆蛭川さん
%e2%91%ab%e8%9b%ad%e5%b7%9d%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc  動画
四国柏島でのワイドレンズ撮影。

☆梅野さん
%e2%91%ac%e6%a2%85%e9%87%8e%e3%80%80%e3%81%8a%e9%a1%8c%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc  動画
作品Center of Coral Triangleから抜粋。

☆横山さん
%e2%91%ad%e6%a8%aa%e5%b1%b1%e3%80%80%e3%81%8a%e9%a1%8c%e3%80%80%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc  写真
東伊豆海洋公園で撮影。

定例会後は居酒屋はなの舞にて懇親会を楽しみました。

                                                     報告 : Kendiverd


ヒキガエルの発生:羽田 光

関東各地では、桜も開花を迎え、そろそろ春ですね。
春と云えばこの時期、公園の池などでオタマジャクシをご覧になった事がありますか?
関東では春先の3月~4月頃、池を埋め尽くす程の真っ黒のオタマジャクシの大群が現れ、
5月~6月頃には一斉に居なくなります。

画像01

池などに一斉に現れるオタマジャクシはヒキガエルの幼生
今回はそんなヒキガエルの繁殖行動~発生~上陸を追ってみました。

舞台は神奈川県横浜市港北区の大倉山公園、梅園の中にある池
最寄駅は東急東横線の大倉山です。

2月下旬~3月上旬、ちょうど梅まつりが開催されている頃

画像02

公園の池では冬眠から覚めてきた大きなカエル達が現れます。

画像03
(歩道の水路の橋の下から顔を出すヒキガエル)                                                                 カエル達の目的は繁殖

画像04 画像05

大きなメス1匹にやや小さなオスが複数匹、蛙合戦(繁殖行動)が繰り広げられます。

画像06

やがて産卵が行われ、ひも状の卵塊が池に産み付けられて行きます。

画像07

親ガエルが池に現れるのは1年の中でこの時期だけ、
産卵が終わるとカエル達は一斉に居なくなり、卵だけが残ります。

画像08

それから数日後、孵化が始まります。

画像09

孵化と云っても、他の水中に産卵する生物の魚やイカ・タコのような
勢いよく飛び出してくるハッチアウトとは違い、
ヒキガエルの場合はひも状の卵の袋が自然に破れ、オタマジャクシではなく、
オタマジャクシになる前の胚の状態でゆっくり出てくる感じです。

画像10

孵化直後の幼生は、自分ではほとんど動くことはなく固まっています。

画像11

それから更に数日後、尾が伸び徐々にオタマジャクシとして泳ぎだします。

画像12

3月下旬~4月、やがて池の中は数万は居ようかと思われる程の
オタマジャクシの大群に埋め尽くされます。

画像13

ちょうど桜の季節、公園の池のオタマジャクシが人目に触れるのは、                                    この時期ではないでしょうか。

画像14

5月~6月、オタマジャクシ達は小さなカエルの姿に変体し、池の周辺から上陸を開始します。

画像15

体長1cm以下、ヒキガエル幼生の場合、オタマジャクシからあまり大きくならず                     カエルに変体します。
むしろ尾が無くなった分、少し小さくなっているようにも感じられます。

画像16

画像17

6月頃、そして上陸、あれだけ沢山のオタマジャクシは一斉に居なくなりました。

画像18

画像19

ヒキガエルは夜行性の為、普段はなかなか成体の姿を見る事は出来ません。
夜の道端でいきなり大きなガマガエル(ヒキガエル)を見かけると、ちょっとびっくりします。
さて、あれだけ大量のオタマジャクシの一体何匹が無事に成体になれるのでしょうね?

画像20 画像21

写真記事投稿:羽田 光

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


旅行の便利な梱包材:平塚 健

ダイビング旅行はとにかく荷物が多くなります。 撮影機材を保護し、かつダイビング後も有効活用出来る「梱包材」として自分は足ふきマットを使用しているので紹介します。

 

生活用品としてどこでも手にはいる足ふきマット。

IMGP0603

クッション性もあるのでこれを梱包材として機材の保護に使ってます。

また吸水力も抜群で、触手状の素材がダイヤル等の隙間に入るので機材の水分除去にも良いです。 濡れた機材をそのまま梱包しても数時間後にはダイヤル隙間の水分まで毛細管現象で吸い取ります。

また旅行先で「ザブトン」として重宝しています。 海辺の椅子(ベンチ)はクッション無い事が多いので長時間座る時は楽チンです。

その他 吸水力を生かして髪を乾かす時などにも使う事があります。冬の伊豆の寒風時はバスタオルより髪が乾くので頭が冷えるのを防いでくれます。

枕に少し高さが無くて高さのチョイたしに使った事もあったかな。 色々便利に使えるのでお勧めします。

——————————————————————————————————————–

マットの紹介だけじゃ記事として少々物足りないので、前定例会に欠席して発表出来なかった写真もUPします。

「お題」のエビ・カニから

オキノスジエビ オキノスジエビ

P1070666 イボイソバナガニ

それと毎年年末にIOPで出会う奴

P1060400

今年で連続3~4年?会っています。金運上昇なんて言われてますがどうでしょうかネ!(笑)

 


6月の定例会報告:平塚 健 

アップが遅れましたが、6月7日の定例会の報告です。

・午前中に行われた幹事会の報告

・水中映像祭の報告

・当HPに記事を記載する担当者の選定                                     年4回の定例会の報告、毎月の記事、映像祭関係記事等で年約17~18本を予定。

・近況報告

村越                                      村越さんの初めての発表! ニコンD60で伊豆を撮ったダイジェスト写真。「アドバイスを!」との事で皆さん意見が白熱していました。

DSC_0177                                   松村さんの川名の報告。 前記事のネクサスF4にデジカメD3200を入れた自作ハウジングでの撮影報告です。 ダンゴウオが可愛いですネ!

菊池                                           菊池さんの江東区の川(横一見川??)での写真。 本人は数ミリのタツノオトシゴの幼魚だと言ってましたが・・・・・  その他 西表の報告(主に昆虫)もありました。

横山                                   横山さんの淡水写真。 これは滝壺の動画から切り出し。 清涼感があって初夏のこの時期にはぴったりの映像でした。  その他 伊豆の報告あり。

例会後は恒例の飲み会! 写真や海の話で楽しみました。

記:KEN ダイバード

 

 


編めると便利:ハウジング用ストラップの編み方

ハウジングを持ち運ぶために多くの方は、登山用などのザイル・ロープや市販のストラップを使っているかと思います。
僕も最近までザイルを適当な長さにしてハウジングを持ち運びしていました。

今回とある目的のためどうしても幅広で帯状のストラップ、例えると柔道着の帯のような形状のモノが欲しくてネットをうろついて、たどり着いたのがロープを編む手法。

1
こんな感じのストラップです。
編み方はチョット長いですが、以下の動画を参照して下さい。

これを応用してシックル金具に編んでいきます。
2

編む力加減で帯の堅さは変わりますが、テニスラケットの弦を張るようにきつく編むと、とても手になじみます。そのためには、両端の金具をしっかり板に固定し、板を立てかけて上からキッチリ編んでいくと編みやすいです。
ロープエンドは周りの網目に潜り込ませて最後に火で溶かして周りと接着させます。ハンダごてがあると便利です。 それでも解ける不安があれば瞬着を流しておくと良いでしょう。

ちなみに40cmのストラップを編むのにきつく編むと約4m程ロープを使います。

ロープの素材はDIYで売っている3mm径のザイルロープより パラシュートコード:通称パラコードの方が適度なザラつきで手にしっくりきます。色も豊富です。(動画参照)

パラコードは何度か水に漬けて使っていると縮みますが、その縮みが帯の網目を強固にし、かっちりした手触りになります。(参考までに:40cmが2cm縮みました、編む長さの目安に!)

5

 

さてある目的のためと書きましたが、それは以下のためです。

3

ストラップとハウジングを分離出来るようにして・・・・・・・

4

ビデオライトやストロボを肩にかけて移動しやすくするためです。

写真の機材は少し前に使っていたライト・フロート・ストロボのセット、これだけで約5kg。伊豆の大瀬崎の端から端、 富戸のヨコバマまでのように比較的長く機材を持ち運ぶ場合、今までは重くて手が痛くなり、休み休み、潜航開始時には握力が無くなっていました。

分離し、肩にかけることで手はハウジングだけを持つ事になり軽快。
そのため肩にかけやすい帯状のストラップが有効。手にも帯状のほうが持ちやすいです。
あと機材用の洗い桶が一杯でも分離させて漬ける事が出来るので重宝しています。

長さも各機材に合わせて作れるので一度編み方を覚えると、とっても便利です。

 

 


自作水中フロート制作過程Ⅱ

自作水中フロート制作のその後を報告します。

前回フロートの下地塗装までで潜りに行ったら 「その塩ビの筒はナニ?」
と散々言われたので(苦笑) 塩ビじゃない!と内心思いながら、派手に塗っちゃる!
と決意した次第。

元模型のモデラーとしては模型知識を生かした塗りも考えたのですが、一般的じゃないのでカー用品店で手に入る材料で作ってみました。 (自作フロートが一般的なのか??)

11

塗装前に細かいサンドペーパー#800~#1200で塗装面を整えてから
車の塗装スプレーをつかってまず黒く塗ります。
車の塗装スプレーは車用だけあって耐紫外線・日光に強くアクリル塗料なのでアクリルとの親和性は良いです。やや薄く吹き付けて3度塗りしてます。

12

土管や塩ビに間違われないようにカッティングシートで彩色します。シートは大きなカー用品店なら大体あると思います。
今回はハウジング用自作ストラップ(後日UP予定)の色とイノンストロボの色の2色で派手目に

シートの台紙にデザインを書いて切り抜き シール状シートを張って行きます。
最近の僕のハウジングにはこのシードラゴン(オリジナル)がエンブレムになっているので・・・・

13

もう「塩ビ?」とは呼ばせん! 笑

14

最後にツヤ出しと保護膜用にクリアーを3度塗りしました。
シートの上から吹き付けOKです。

15

チョット一手間!
フロートの形状と位置関係から自転車用バックミラー(プラスチック製凸面鏡)をシリコンコーキングで接着。
かってDIV工藤式の水中脱着式・空気ドームレンズ(正式名称は知りません)を使っていた時、ドームガラスの表面が自分の後上方を写してくれて色々便利だった事から採用。
後方視界はこの通り!

16

コンバージョンレンズホルダーも付けられるので、イノンのフロートより軽く・使いやすいモノが出来ました。
なお水中抵抗は縦長なのでイノン・メガフロートMより気になりません。

実際の使い勝手および 前回の記事でご指摘を頂いた、なぜフロートをアームに固定するべきかのはいずれ記載予定です。

以上・自作フロート制作レポでした。

 


タカベ祭り

1/3・1/4日は西風が止んだので西伊豆に移動、井田に行きました。

夕方の桟橋にタカベが集まって来るとの事で撮ってきました。

夕方になると水面近くにタカベが集まって群れています。 それも時間を追うごとに数が増えてます。

水底ではクリーニングステーションが行列になってました。

P1070018

井田では秋~冬にかけて時々見られる現象ですが、今年は遅いようです。


2014年 初潜り 富戸

あけましておめでとうございます。

2014年の初潜りは西伊豆が強風のため東伊豆の富戸に行きました。東伊豆も潜れるものの風は強く 以下の状態でした。

ただ陸→沖に向けての風の影響で海の表層が流れ その結果海中は、透明度25mオーバーの抜群のコンディションでした。

 

 


自作水中フロート 製作過程

水中動画撮影にとって機材の浮力バランスはとても重要な要素だと思ってます。今回新機材となるパナソニックGH3用ハウジングに自作フロートを組む事になったのでその製作過程を紹介します。

1

ビデオカメラのハウジングと一眼のハウジングは縦方向の形が異なる。(ビデオは縦長、一眼は横長) この形の違いが動画映像の上下方向のブレに繋がりやすい事に気が付いた。

上の写真は既存のフロートとハウジングの位置関係だが、フロートを軸として上下方向のブレが抑えにくい。  ビデオハウジングなら縦長なのでこの位置関係でもブレを抑えやすい。  そこでフロートを縦長にすべく製作を始めた。

2

初めに浅い海(水深1m)でペットボトルを使ってハウジング・ライト・ストロボ・ワイコンを含む総重量を相殺する自分にとって理想的な浮力を調べておく。(比重の関係から淡水はNG)   その空気の体積を砂で置き換えたのが上写真。

3

その砂がピッタリ入るアクリルの筒と各種アクリルパーツを用意した。 筒のアクリル厚はあえて薄い3mmとした。  なおアクリルパーツは日ごろ大変お世話になっている某特殊アクリル加工のM氏の協力です。ありがとうございます。

4

接着はアクリル接着剤で位置決めし、レジンで強度の補強・防水・強固な接着をしている。 レジンは一般にはあまりなじみが無い素材だろうがアクリルと強固な接着し、強度もアクリル並みでパテやシリコンのコーキングを使うよりアクリル接着には理想的。              ちなみに僕の自作水槽にも使っており十年たっても水漏れをしない程強固で防水性も高い。

5

厚さ3mmのアクリルでは水圧強度がないので隔壁のアクリルを内部に貼っていく。

6

片方から順に接着すると最後には3mmの薄いアクリルとの接着になり強度が落ちるのでリング状のアクリルを入れて接着面積と強度を確保する。

7

筒の上にネジ穴を切った板を接着。

8

サーフェイサー(プラサフ)と呼ばれる塗装の下地材を塗った処。 (注:サーフェイサー&プラサフは車の塗装や模型の下塗りに使われる。カーショップで手に入る)

9

アームには板をネジ止め。これをフロートにつける。10

位置関係はこうなる。 上下のブレを抑える効果が期待できる。  なおネジ穴をズラす事でフロートは前後に動かせるのでフロートがストロボの影にならないようにする予定。

年末の休日を利用して急ぎ組み立てたので今回はここまでです。 使用レポート及びフロートの最終塗装はまたいずれ。

さて1/1から伊豆で潜ってきます。 皆さんよい年末年始をお迎え下さい。