水中映像サークル井田合宿報告2015’10/11~12:大倉寛史

無題

今回の報告はあみだで負けた大倉が書いています。

さて去る10月11日~12日にて井田合宿を行ってきました。11日は生憎な天気

でしたが海はそれ程荒れるでもなく、少し行けば15m以上の視界があって楽しかったですよ。

12日は、初冠雪の富士山が望める秋晴れ!

しかし昼より南西が吹き始めてしまい少々残念でした。

参加者は幹事の平塚さん、蛭川さん、羽田さん、松村さん、大倉夫婦

の6名です。

11日の晩にはキャンプファイアーを囲んで、「今日の日はさようなら」

を合唱し大いに盛り上がりました。ウソです。

今回お世話になった「おくだ荘」さんの食事も風呂も素晴らしく、皆

料理とお酒に大満足の夕べをすごしたのでした。

                   おくだ荘のごちそう                                          料理

(蛭川氏撮影 )

出番を待つ愛機たち                         12072767_1637642999827173_6150858752479927033_n

今日、使用のハウジング

プロモファクトリー   2台                                                                                               ノーティカム       1台                                                                                                 レックシー         1台                                                                                                    ジリオン         1台                                                                                                    ビクター純正      1台                                                                                                     ニコノスⅤ       1台                                               

 

それでは当日撮影した、皆の力作をご覧下さい!

Kendaiverd 「幻想的に仕上げました。」うちわ

Kendaiverd 「久しぶりのマツカサウオ」まつかさ

羽田 光 「サクラダイ 良く見るとクリーニング中!」サクラダイ-1

羽田 光(ビデオよりキャプチャー)「イサキ群れ」いさき-1

大倉 文代 「アカオビハナダイ とても綺麗でした。」あかおびIMG_2337-1-2

大倉 文代 「逢いたかったクロヘリアメフラシyg  10月に逢えるとは!」くろへりIMG_2376-1-2

大倉 文代                     いそぎんやくIMG_2401-1-2                               

大倉 寛史 「イバラダツ この子に逢いに行きました。」P1020031-1-5

蛭川武治 ショートムービーにまとめました

 

みかんIMGP4575-1

マリンクリエイトの土屋さん、スタッフの皆さんお世話になりました。また行きますので宜しくお願い致します。

という訳で、楽しい2日間でした!今回参加できなかった皆さん、次回はご一緒しましょう。

以上井田合宿の報告でした。

大倉寛史

*****************************************************************************************

 


タカベ祭り

1/3・1/4日は西風が止んだので西伊豆に移動、井田に行きました。

夕方の桟橋にタカベが集まって来るとの事で撮ってきました。

夕方になると水面近くにタカベが集まって群れています。 それも時間を追うごとに数が増えてます。

水底ではクリーニングステーションが行列になってました。

P1070018

井田では秋~冬にかけて時々見られる現象ですが、今年は遅いようです。


2014年 初潜り 富戸

あけましておめでとうございます。

2014年の初潜りは西伊豆が強風のため東伊豆の富戸に行きました。東伊豆も潜れるものの風は強く 以下の状態でした。

ただ陸→沖に向けての風の影響で海の表層が流れ その結果海中は、透明度25mオーバーの抜群のコンディションでした。