珍しくなった?水中ビデオカメラ派のつぶやき:木藤 伸行

7月のHP当番ということですが、4月以降、海に行っていませんので水中映像がありません。昔の動画から切り出してお見せする程のものもありませんし、そこまで厚顔?でもありませんので最近思っているコンデジ動画について書かせていただきます。ビデオカメラ派のひがみ?だと思って読んで下さい。

最近、周りの動画撮影も殆どコンデジ撮影になってしまっています。「水中動画撮影をやっています」と聞くとビデオカメラの仲間がいたと喜ぶのですが、これはぬか喜びでコンデジ動画でがっかりすることが度々。

コンデジといってもマニュアルで色々設定できるものから、ほぼオート撮影しか出来ないものまで千差万別です。動画のオートフォーカスも素早く合焦できるものから最新機種なのに遅い、迷うものもあります。私も数台コンデジ動画をやってみましたが動画はまだまだビデオカメラに一日の長があると思っています。

珍しくなったビデオカメラ撮影者のつぶやき木藤 伸行01珍しくなったビデオカメラ撮影者のつぶやき木藤 伸行02珍しくなったビデオカメラ撮影者のつぶやき木藤 伸行03珍しくなったビデオカメラ撮影者のつぶやき木藤 伸行04

画質やコンニャク現象はさて置いて、電池の持ち、発熱(映像素子の)、小ささに依る安定、手振れ等々色々と課題がありました。日進月歩でコンデジ動画はどんどん改良されていますが、最新のものが一番良いとは限らないこともあるのが悩ましいところです。最近流行りのアクションカメラはビデオカメラに近いものですが条件が厳しい時の画質、最短撮影距離(アクションカメラで小さい物を撮ろうとすることに無理があるのですが)等々まだまだですし、メインのカメラとはなりえない。一方、一眼でしかとれない動画もあるそう(マクロレンズ撮影?)ですが光学ファインダーを使えないのでは折角の一眼レフが勿体ない。電子ビューファインダーの疑似?一眼レフの方が動画向きでしょうか。

カメラも夫々一長一短です。肝心なのは今持っているカメラを使いこなすことではないでしょうか。周りにも自分が使っている器材が一番優れていると自信満々の方も居られますが羨ましい限りです。多くの方がお持ちのカメラの優れている点や劣っている点を理解しないで撮っていると思われます。非常にもったいないことで陸上でもどんどん色々なモードで撮ってみることをお勧めします。フイルム代も現像・プリント代も掛かりませんから。

4月に行ったバリではTG4の顕微鏡モードを使ってみたくてBCDにぶら下げてみましたが、腕が悪いので水中静止画はスナップ程度のものしか撮れないし、ビデオカメラを置いて撮るのも面倒、仕舞いにはBCDにぶら下げているのも忘れていました。水中ではありませんがライブコンポジットが簡単に撮れることも購入した大きな理由ですがフルオートでしか撮れません。動画については陸上で少ししか撮っていませんがオートフォーカスの遅さ、画面の揺れ等ちょっと前時代的だと感じました。

珍しくなったビデオカメラ撮影者のつぶやき木藤 伸行05

また、この撮ってきた動画の扱いも撮りっぱなし、編集しDVD等で一緒に行った仲間に配る、YouTubeやFacebookにアップする等色々ありますが、映像祭などで発表される作品中に静止画と動画が混在し、何故ここで動画?とその必然性が理解できないものが多くこの辺りが余りにも簡便に撮れる様になったコンデジ動画の功罪だと感じています。

写真記事投稿:木藤伸行


水中映像のアウトプット

水中映像のアウトプット
                           大隅楠夫

ダイバーは誰でもカメラを持って海に潜り撮影すれば、何らかの方法で結果を発表したいと考えるのは当然だと思います。
アマチュアダイバーの水中映像のアウトプットに関して考えてみました。

1. 水中映像作品の発表
現在、主に次の3つの表現方法があると思います。
1) 写真
2) スライドショー
3) ビデオショー

いずれの場合も、撮影者、作者の思い(感動したこと、残念だったこと、楽しかったこと)を伝えたいという点は共通しています。
しかし、誰に伝えたいか、どこで伝えたいかに関しては、違いがあります。

1) 写真の場合、フォトコンや写真展で発表する機会が色々あります。
水中映像では、20年位前の、多くのカメラ派ダイバーがダイビングワールドやダイバーのフォトコンを目指していた時代の熱さはなくなりました。現在では、マリンダイビングの「地球の海フォトコンテスト」他ローカルのコンテストがいくつかあります。
水中、陸上を問わず雑誌・新聞の他にも数多くフォトコンや発表の機会があります。
また有志による写真展「海で逢いたい」や「水とき」等に参加する機会があります。

2) スライドショーの場合、BOX等の私的な集まりで上映する機会は数多くありますが、
公開上映会としては、「水中映像祭」と「上方水中映像祭り」の2つしかありません。
私の所属する日本シニアダイバーズクラブの主催する「SDC水中映像発表会」が半公開として一般の人にも観ていただいています。
  水中映像サークルは会員作品の発表の場として、33年前に日本で初めてのスライドシ
ョ-「水中映像祭」を始めてから現在迄続いています。
しかしスライドショーによる公開上映会は一般には普及しませんでした。
理由としては、陸上を含めて①プロがいないこと、②コンテストがないこと、が考えられます。
  
2) ビデオショーの場合、水中映像に限ればスライドショーと同じく発表の機会は限られて
います。
スライドショーとの違いは、①映画、TV等プロがいること、②陸上では8mm フィルムの時代から各地でアマチュアのコンテストが盛んに開かれていることです。
対象をダイバーから一般迄広げてアマチュアビデオコンテストに応募すれば、一般の人に観てもらえる機会が出てきます。

2. 誰に伝えたいか、どこで伝えたいか
  水中映像作品の発表の機会として2つの道があると思います。
1) 水中映像に興味のある観客を対象(主にダイバー)
水中フォトコン、水中写真展、水中ビデオ・スライド上映会(水中映像祭)
  作品はダイバーが興味を持つテーマや構成で組み立てます。

2) 映像に興味のある一般の人を対象
フォトコン、写真展、アマチュアビデオコンテスト
広く一般の人に観てもらいたいと考える時、スライドショーは残念ながら出番があり
ません。
ビデオ作品の場合、一般の人が興味を持ち、興味が持続するようなストーリー、盛り
上がりが必要となります。レアものもありふれた生き物も、一般の人には区別はつか
ないので観て楽しいに加えてストーリー性が重要となります。
私は2003年に陸上のアマチュアビデオサークルに入会し、勉強を始め、2006年から
一般の人に観てもらえる作品作りに取り組んでいます。

3. 水中映像作品発表に関する提案
1) 水中映像祭作品の制作に関して
水中映像サークルでも現在、色々な人から評価・感想を貰って作品作りの腕を上げる機会があまりありません。サークル例会で出来るだけ毎回作品を上映し、感想を聞く習慣をつけることを提案します。その成果を映像祭作品にまとめましょう。

2) 一般向けの作品発表
  写真あるいはビデオ作品をもっと広く一般の人に観てもらえるように、一般のコンテ
ストに応募して発表の機会を広げることを提案します。

*私は海に潜るようになって、地球は人間だけのものではないことを実感しました。  そして一般の人に少しでも海のことを知ってもらいたいという思いで、ビデオ作品
作りにとり組んでいます。現在アマチュアビデオの世界で水中映像を発表するのは
私一人です。海の世界を紹介するため、一般向けビデオ作品作りに興味を持ってくれ
る人が増えてくることを期待しています。