「レインボー計画」予告編:村越英樹

一昨年9月に本サークルに入会し、初めての記事投稿となります。村越ですよろしくお願いします。

写真を趣味とするものであれば、PLフィルターはご存知でしょう。そう、水面に反射する光をカットしたり、青空がより青く写ったりするやつ。PLフィルターでは、偏光という光の性質が使われていて、ある一定方向に振動する光だけを透過させます。写真1は、安価な偏光板2枚を重ねて、青空にかざしたものです。左端は光の振動方向を2枚の偏光板で並行にしたもの。右端は光の振動方向を直行したもの。振動方向が90°異なるので、光が透過しません。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_2d1aaab7

写真1

 2枚の偏光板の間にSDカードケースを挿入すると、写真2のように虹色に発色します。2枚の偏光板が透過させる偏光が、並行であっても、直行であっても発色しますが、直行の方がより発色を確認しやすくなります。虹色の発色は、SDカードケースのひずみ等が現れたもので、構造色(偏光縞)と呼ばれています。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_m3b7d52b0

写真2

 構造色として、より一般的に確認できるものとしては、写真3右側のCDのように、微細構造により光が反射、干渉、回折して、特定の色の周波数が強調されるものがあります。左側の写真は、簡易暗室で撮影したSDカードケースです。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_7cfd646f

写真3

どちらの構造色も、虹色でとっても綺麗ですよね。ということで、こんな色に発色する水中生物等の写真を撮り、水中映像祭の作品としたいと考えました。CDのような構造色は、通常の光で発色するので、光の当て方次第で撮影できるのですが、SDカードケースの発色(以下、偏光縞と記載します)は、光源側とカメラ側にそれぞれ1枚ずつ計2枚の偏光板を使い、透過光を撮影するものなので、少々厄介。そこで、写真4のように、偏光板を切り抜いて、1枚をストロボ、もう1枚をカメラのレンズに張り付けた。この状態でハウジングに入れて、テスト撮影として、CDおよびCDケースを撮影してみると、写真4右端のように、なかなか良い感じ。ストロボから発射された偏光がCDケースを透過して、CDケース境界面に反射した光を捉えて偏光縞を撮影することができた。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_3c8eb59b

写真4

実際に水中で撮影した写真は、次の写真5、写真6、写真7。写真5は、カマスですが、綺麗に構造色を撮影することができました。こちらは、ウロコの微細構造により発色しているCDタイプの構造色だと推測できるので、通常の撮影でも撮ることができそうです。ただ、魚のウロコ自体は、偏光縞を発色することが知られているので、一度ウロコを透過した光が、ウロコ裏側の境界面に反射して発色していることも考えられるのかなぁ。。。このあたりは、はっきりしない。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_8dd43c4

写真5

写真6は、エソですが、目の部分の拡大写真を見ると、偏光縞のような発色が確認できます。角膜や水晶体を透過し、反射してきた結果の偏光縞ではないかと考えます。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_1c167ee8

写真6

写真7のクルマエビも、カラの部分を透過した光がその境界面で反射して、偏光縞を発色しているものと考えられます。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_25a9cc89

写真7

 このように、いくつかの水中生物で構造色を確認できたのですが、当初の目論見では、写真8のような透き通った生物に色がつくことを期待していたんですよね。とっても残念。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_m54653bea

写真8

ということで、ネタ不足のため、今年の第33回水中映像祭への出品は見送り。かなり悔しいので、来年こそはと、実験を続けています。写真9は、水中で撮影したSDカードケース。左側:砂地バック、右側:黒い土嚢バック。砂地バックでは偏光縞が確認できない。写真4の右端の写真では、水中を想定して、薄暗い部屋でロクハンのウエットスーツバックで撮影したので、良い結果が得られたことが確認できました。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_730a7302

写真9

改めて白バック、黒バックの写真を陸上で撮影した結果、写真10のようになりました。白バックで撮影した写真は、白い背面に反射した光の偏光状態が変化し、かつ光量が多いため、偏光縞が確認できません。一方、黒バックの方は、背面からの反射光が無いため、SDカードケース裏の境界面に反射した光が偏光縞を作っていたことを確認できます。そうか、黒バックにしないといけなかったのか。次回から、①黒いアクリル板を持って潜るかなぁ。。。?

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_687ae77d

写真10

 黒バックにするのも一つの方法だが、通常の偏光観察では、被写体の背面に光源を置いて、透過光を撮影しているので、試しにやってみたのが、写真11の左側。この方法だと、②水中でストロボを外して、被写体の後ろにもっていかないといけない。シンクロコードが延びるかなぁ。。。? 写真11の右側は、白い紙の上に偏光板を置き、その上に被写体、カメラの手前に偏光板を配置し、通常光をカメラ手前の偏光板を通さずに撮影したもの。そうか、③白いアクリル板に偏光板を貼り付けて、通常のストロボ光を当てて、撮影すれば良いのか。。。? などと対策を考えてみた。

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%82%99%E3%83%BC%E8%A8%88h_JPEG_html_m7914dfe2

写真11

①、②、③いずれの方法でも、水中でやっていると、かなり怪しい人だと思われるだろうなぁ、と思いつつも、来年(2017)415()に予定されている第34回水中映像祭には、作品「レインボー計画」を発表したいと考えています。ちょっと変わった作品になると思いますので、ぜひ会場までお運び頂き、作品の感想を直接お聞かせいただければ幸いです。

写真記事 投稿:村越英樹

P.S. 2016年カレンダー11月のメッセージは意味不明だったと思いますが、本当に虹色を狙っていたんですよ。


ヒキガエルの発生:羽田 光

関東各地では、桜も開花を迎え、そろそろ春ですね。
春と云えばこの時期、公園の池などでオタマジャクシをご覧になった事がありますか?
関東では春先の3月~4月頃、池を埋め尽くす程の真っ黒のオタマジャクシの大群が現れ、
5月~6月頃には一斉に居なくなります。

画像01

池などに一斉に現れるオタマジャクシはヒキガエルの幼生
今回はそんなヒキガエルの繁殖行動~発生~上陸を追ってみました。

舞台は神奈川県横浜市港北区の大倉山公園、梅園の中にある池
最寄駅は東急東横線の大倉山です。

2月下旬~3月上旬、ちょうど梅まつりが開催されている頃

画像02

公園の池では冬眠から覚めてきた大きなカエル達が現れます。

画像03
(歩道の水路の橋の下から顔を出すヒキガエル)                                                                 カエル達の目的は繁殖

画像04 画像05

大きなメス1匹にやや小さなオスが複数匹、蛙合戦(繁殖行動)が繰り広げられます。

画像06

やがて産卵が行われ、ひも状の卵塊が池に産み付けられて行きます。

画像07

親ガエルが池に現れるのは1年の中でこの時期だけ、
産卵が終わるとカエル達は一斉に居なくなり、卵だけが残ります。

画像08

それから数日後、孵化が始まります。

画像09

孵化と云っても、他の水中に産卵する生物の魚やイカ・タコのような
勢いよく飛び出してくるハッチアウトとは違い、
ヒキガエルの場合はひも状の卵の袋が自然に破れ、オタマジャクシではなく、
オタマジャクシになる前の胚の状態でゆっくり出てくる感じです。

画像10

孵化直後の幼生は、自分ではほとんど動くことはなく固まっています。

画像11

それから更に数日後、尾が伸び徐々にオタマジャクシとして泳ぎだします。

画像12

3月下旬~4月、やがて池の中は数万は居ようかと思われる程の
オタマジャクシの大群に埋め尽くされます。

画像13

ちょうど桜の季節、公園の池のオタマジャクシが人目に触れるのは、                                    この時期ではないでしょうか。

画像14

5月~6月、オタマジャクシ達は小さなカエルの姿に変体し、池の周辺から上陸を開始します。

画像15

体長1cm以下、ヒキガエル幼生の場合、オタマジャクシからあまり大きくならず                     カエルに変体します。
むしろ尾が無くなった分、少し小さくなっているようにも感じられます。

画像16

画像17

6月頃、そして上陸、あれだけ沢山のオタマジャクシは一斉に居なくなりました。

画像18

画像19

ヒキガエルは夜行性の為、普段はなかなか成体の姿を見る事は出来ません。
夜の道端でいきなり大きなガマガエル(ヒキガエル)を見かけると、ちょっとびっくりします。
さて、あれだけ大量のオタマジャクシの一体何匹が無事に成体になれるのでしょうね?

画像20 画像21

写真記事投稿:羽田 光

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2月の定例会報告:木藤伸行

2016年2月14日(日)13:00~17:00
江東区文化センター研修室で開催されました。
参加 12名
reikai1
1. 映像祭の進行状況と確認

開演時刻を12:30から13:00に変更。

2. 新会員 林保男さんより自己紹介

3. 近況報告
松村英典   トロパラ 動画
初心者と一緒のダイビングで思うように撮れなかった。
matumura

村越英樹            レインボー計画 -水中偏光観察―
新しい視点からのトライ
会員からアドバイス多数ありました!
murakoshi

林保男               「とどの舞」12月中旬の知床(羅臼)のトド 動画
水中のオスは圧倒されて録画ボタンを押せなかった。
hayashi

大隅楠夫           阿嘉島でGoPro動画 流れの無いところで小さな生き物の観察
2ケ月で成長したキンメモドキの大群
oosumi

大石和明           モルディブ エンブドゥ2016.1 静止画スライドショー
レインボーランナーの群れを襲うカスミアジとツマグロ
ooishi

横山和男        年末年始の伊豆 コクチフサカサゴ・カエルアンコウなど
1枚づつ詳しい説明
yokoyama

4. 今日のテーマ「ウミウシ」
横山和男      ヒメメリベ・ヒトエガイ等
kyokoyamatema

横山 恵     サガミリュウグウウミウシ
myokoyama

蛭川武治     ミアミラウミウシ
hirukawa

村越英樹  サラサウミウシ
murakoshiushi

平塚 健   ミアミラウミウシ
hiratuka
大隅楠夫   ウミウシとヒラムシ 動画
oosumiushi

林保男   ハナデンシャ 動画(カメラ固定早送り再生)
hayashiushi

5. その他

6. 次回開催は6月 日時は研修室予約取れ次第連絡。

例会の後は恒例の懇親会。9名参加

記hop98


旅行の便利な梱包材:平塚 健

ダイビング旅行はとにかく荷物が多くなります。 撮影機材を保護し、かつダイビング後も有効活用出来る「梱包材」として自分は足ふきマットを使用しているので紹介します。

 

生活用品としてどこでも手にはいる足ふきマット。

IMGP0603

クッション性もあるのでこれを梱包材として機材の保護に使ってます。

また吸水力も抜群で、触手状の素材がダイヤル等の隙間に入るので機材の水分除去にも良いです。 濡れた機材をそのまま梱包しても数時間後にはダイヤル隙間の水分まで毛細管現象で吸い取ります。

また旅行先で「ザブトン」として重宝しています。 海辺の椅子(ベンチ)はクッション無い事が多いので長時間座る時は楽チンです。

その他 吸水力を生かして髪を乾かす時などにも使う事があります。冬の伊豆の寒風時はバスタオルより髪が乾くので頭が冷えるのを防いでくれます。

枕に少し高さが無くて高さのチョイたしに使った事もあったかな。 色々便利に使えるのでお勧めします。

——————————————————————————————————————–

マットの紹介だけじゃ記事として少々物足りないので、前定例会に欠席して発表出来なかった写真もUPします。

「お題」のエビ・カニから

オキノスジエビ オキノスジエビ

P1070666 イボイソバナガニ

それと毎年年末にIOPで出会う奴

P1060400

今年で連続3~4年?会っています。金運上昇なんて言われてますがどうでしょうかネ!(笑)

 


My Photo Life : 岡野和之

水中映像サークルの代表の岡野です。

今回に参加して24年になります。

元々は、ワイドの水中写真を撮っていたのです。

タヒチで、メジロサメなんて狙っていたんです。

サメ、ランギ*%i

でも、妻が通っていた伊豆に行くようになってからは、マクロなんです。

セミホウボウなんか大好きです。

セミホウボウ%22#1

写真家の、、菅洋志さんと、故殿塚孝昌さんと知り合い、バリ島へ通うようになりました。

旅は、もちろんダイビングです、水中写真です。

そして、マクロの撮影が楽しくて楽しくてたまらなくなりました。

でも写真だけではなく、お世話になる皆さんとの再会が一番楽しくなりました。

そんなか、毎年、岡野を待っていてくれるワンちゃんがいるんです。

バリ島・ウブドのヌリアニワルン(レストラン)のパメラです。

パメラ、201#2

もう、長い付き合いになります。

今年の夏は元気でいてくれるかな。

水中写真では、生態写真がやっぱり興奮しますね。

捕食です。

捕食、1

そして、綺麗な場面も好きです。

可愛いクダゴンベです。

復活、クダゴs%Y!%22#1

我が家には、ゴンとチャンスがいます、もう、16歳と17歳です。

ゴン&チャン9

昨年は病気でも頑張っていると、表彰されました。

この二匹が心配で、今ではバリ島は夫婦ではなくて私一人になりました。

伊豆へのダイビングも全く逝けなくなりました。

でも、写真が好きです。

そこで、通い始めたのが京都なんです。

11月

もう一つ、機会があれば撮影するのが鉄道。

コスモス

皆さん、岡野のように、ダイビングから、遠のかないでくださいね。

でも、もしも、自分や家族の健康などで、行く機会が減っても写真は

どこでも撮れます、近所の花々でも素敵です、出かけ先のスナップ写真も

良いですね。

⑦旧近衛邸

いつまでも写真を楽しみましょう。

写真記事投稿:岡野和之


Windows10でDiMAGE Scan Dual IVが使えました:蛭川武治

あけましておめでとうございます。

WS000021
たまにはパソコンネタも良いかなと思い投稿いたしました。
Windows7,8,8.1をお使いの方にはWindows10への無償アップグレードの案内が出ていることと思います。

Windows10にするメリットとデメリットについては他のサイト任せるとしてここでは私が人柱的にWindows10からWindows7から引き継げたフイルムスキャナ-について報告いたします。

私のように銀塩写真の時代から水中写真を撮っていた者にとって
いままで使用していたフイルムスキャナーが使えるかが関心事でした。
というのも高性能で価格もこなれたフイルムスキャナーは2005年ごろまでは盛んに発売されていましたがデジタルカメラの高性能化に伴い製造が終了していきました。
そして、Windows7に対応できないフイルムスキャナーも出てきました。

そんな時にネットを検索していたらWindows7に対応していないフイルムスキャナーを使えるようにする方法的なサイトを見つけました。(下記)
Windows7でコニミノルタのフィルムスキャナを使う!(Update#2)
その手順にそって作業をしたところWindows7でもDiMAGE Scan Dual IV  を使用できる環境になりました。

さらにWindows10でどうでしょうか?
WS000018
上の写真のとおりWindows10でプレビュー画面を操作でき問題なくスキャンすることができました。

さらに
WS000017
Adobe Photoshop Elements 7.0も動作しました。

動作できなかったソフト
EDIUS Neo3・・・立ち上がらない
Adobe Premiere Elements 7・・・立ち上がらない
筆まめ15・・・立ち上がるが編集画面が出ない

フイルムスキャナーでは他にNikon SUPER COOLSCAN 5000 EDがWindows10で動作が確認されているようです。

また、海外のサイトを検索すると銀塩写真時代のフイルムスキャナーを最新のOSで使う方法は結構早い時期にに出ていました。

上記、記事は皆様の環境でも必ず動作するものとは限りません、実施する時にはオウンリスクとなりますので、ご理解の上、検証していただきたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 


11月例会報告:大隅楠夫

とき:  2015年11月3日(火)13:00~17:00

ところ:  ティアラ江東 中会議室

参加人数:14名

DSC00287

1.近況報告

岩崎八重子   マダガスカル: クマノミ固有種、ブラックライト映像

岩崎八重子

横山 恵    淡水 阿寺渓谷 中禅寺湖・梅花藻  海 葛西臨海公園・干潟他

横山恵

横山和男    中禅寺湖・湧水ポイント 梅花藻 ヒメマス ホンマス ニジマス カジカ他

横山和男

菊池三男    新モグランテスト・モニター付  西沢渓谷他

新モグランテスト

大隅楠夫    俺達海のひょうきん族  動画

俺たち海のひょうきん族

大石和明    南海の楽園  スライドショー

ギンガメ大石

羽田      井田合宿  動画

合宿・羽田

蛭川武治    井田合宿  動画

合宿・蛭川

2.テーマ発表

1)エビ

蛭川武治  アカホシカクレエビ フリソデエビ

フリソデエビ蛭川武治

岩崎八重子 ロボコン、ホヤカクレエビ、タルマワシ

タルマワシ岩﨑_

横山恵   オトヒメエビ・ペア

オトヒメエビ横山恵

横山和男  秋の浜カクレエビ トサカクレエビ ハクセンアカホシカクレエビ

トサカカクレエビ横山和男

大石和明  アカイセエビ ゴシキエビ

アカイセエビ大石和明

大倉寛文  イソギンチャクエビ ウミシダのカクレエビ

ウミシダのエビ大倉寛史

大倉文代  イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ大倉文代

菊地三男  ヒメイソギンチャクエビ、カゲロウカクレエビ、イソギンチャクモドキカクレエビ他

イソギンチャクモドキカクレエビ菊地三男

 

2)ハゼ

蛭川武治  スケロクウミタケハゼ

蛭川スケロク

大隅楠夫    ヤノダテハゼ 動画

ヤノダテハゼ・大隅

横山恵   ガラスハゼ

ガラスハゼ横山恵

木藤伸行  キイロサンゴハゼ、ミジンベニハゼ? ガラスハゼ ブラックスピア他

ウミタケハゼ木藤伸行

羽田 光  ハナハゼ、ネジンリンボウ他

ハナハゼ羽田光

横山和男  アサヒアナハゼ アナハゼ アヤアナハゼ(カジカ科)

アヤアナハゼ横山和男

岩崎八重子 ナカモトイロワケハゼ セビレハゼ ホヤのハゼ

ナカモトイロワケハゼ岩﨑八重子

菊池三男  川のハゼ ウロハゼ マハゼ チチブ

菊地三男

 

3)水中映像祭経過報告       松村英典

作品応募要項の説明、エントリー締め切り 11月30日

画像サイズは16:9に統一、 クロミ前後に5秒、 endマークは必要、 音量は現場で調整

4)その他連絡事項

第8回SDC水中映像発表会  11月15日(日)13:00~ 調布文化会館  大隅楠夫

カレンダー 来週発送予定   菊池三男

2016年2月例会 2月14日13時~ 江東区文化センター  横山和男

 

 

 

 


水中映像サークル 第33回水中映像祭 開催決定:松村英典

 お待たせいたしました。水中映像サークル第33回水中映像祭の開催を以下の通りに決定いたしました。

 水中映像サークルが主催する水中映像祭では、水中映像サークル会員が日頃の活動の成果をスライド&ビデオショー形式で発表いたします。主に水中で撮影された映像を1作品5分間程度のスライド&ビデオショーに編集して大型スクリーンに上映、音楽と共にお楽しみいただきます。会場は昨年と同じ江東区文化センター・ホールをお借りしています。終演後には会場を移しての交流会も計画しています。

 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

——————————————————————————————–

33回水中映像祭

水中のスライド&ビデオショー 入場無料

日時 201649日(土)1300p.m.1600p.m
場所 江東区文化センター ホール
東京都江東区東陽4-11-3

東京メトロ東西線「東陽町」駅より徒歩6

33th_card.B

33th_card.F.s

◎交流会 1700p.m.1900p.m.

主催/水中映像サークル
実行委員長:松村英典


チョウトンボに魅せられて:菊地三男

チョウトンボに初めて出会ったのは夏。

宮城県伊豆沼(ラムサール登録湿地)です。

ひらひら飛んでいる今まで見た事ない蝶だった。ハスの花が咲いている時期でハスとチョウトンボのコンビネーションが良かった。

菊地01

菊地02

近所の公園にハスの花が咲くころ見つけました。都会でも見れるんだ!

しかもハスの花と一緒に!!

菊地03

菊地04

オキナワチョウトンボが奄美大島や沖縄にいるらしい。奄美大島にダイビングで良く行くので、見たいのになかなか見る事ができなかったのですが、今年西表島でやっと見る事ができました!!

帰る日の事ですが、カンムリワシの幼鳥と一緒に見れてWの感激でした!!

チョウトンボが空に沢山見たのも初体験!!

菊地05

菊地06

 

写真記事投稿:菊地三男

 


水中映像サークル井田合宿報告2015’10/11~12:大倉寛史

無題

今回の報告はあみだで負けた大倉が書いています。

さて去る10月11日~12日にて井田合宿を行ってきました。11日は生憎な天気

でしたが海はそれ程荒れるでもなく、少し行けば15m以上の視界があって楽しかったですよ。

12日は、初冠雪の富士山が望める秋晴れ!

しかし昼より南西が吹き始めてしまい少々残念でした。

参加者は幹事の平塚さん、蛭川さん、羽田さん、松村さん、大倉夫婦

の6名です。

11日の晩にはキャンプファイアーを囲んで、「今日の日はさようなら」

を合唱し大いに盛り上がりました。ウソです。

今回お世話になった「おくだ荘」さんの食事も風呂も素晴らしく、皆

料理とお酒に大満足の夕べをすごしたのでした。

                   おくだ荘のごちそう                                          料理

(蛭川氏撮影 )

出番を待つ愛機たち                         12072767_1637642999827173_6150858752479927033_n

今日、使用のハウジング

プロモファクトリー   2台                                                                                               ノーティカム       1台                                                                                                 レックシー         1台                                                                                                    ジリオン         1台                                                                                                    ビクター純正      1台                                                                                                     ニコノスⅤ       1台                                               

 

それでは当日撮影した、皆の力作をご覧下さい!

Kendaiverd 「幻想的に仕上げました。」うちわ

Kendaiverd 「久しぶりのマツカサウオ」まつかさ

羽田 光 「サクラダイ 良く見るとクリーニング中!」サクラダイ-1

羽田 光(ビデオよりキャプチャー)「イサキ群れ」いさき-1

大倉 文代 「アカオビハナダイ とても綺麗でした。」あかおびIMG_2337-1-2

大倉 文代 「逢いたかったクロヘリアメフラシyg  10月に逢えるとは!」くろへりIMG_2376-1-2

大倉 文代                     いそぎんやくIMG_2401-1-2                               

大倉 寛史 「イバラダツ この子に逢いに行きました。」P1020031-1-5

蛭川武治 ショートムービーにまとめました

 

みかんIMGP4575-1

マリンクリエイトの土屋さん、スタッフの皆さんお世話になりました。また行きますので宜しくお願い致します。

という訳で、楽しい2日間でした!今回参加できなかった皆さん、次回はご一緒しましょう。

以上井田合宿の報告でした。

大倉寛史

*****************************************************************************************